ワイシャツを毎日着ている

正しいワイシャツのたたみ方

ハンガーに、ワイシャツを掛けている人が見られます。
ですがクローゼットでたくさの服を掛けていると、シワが付いてしまう可能性があります。
綺麗に保管するためには、たたむのが良い方法です。
まずはワイシャツのボタンを、全て留めてください。
後ろを表にして、片方の脇を中央に合わせて折ります。

袖と身頃の縫い目を抑えて、袖を折ってください。
片方も、同じように折ります。
しかし今折った方の袖は、襟と平行になるように追ってください。
袖が外側になるように折るのがコツです。
腕の部分は、裾から袖口辺りでおりましょう。
そしてワイシャツを表に返してください。
袖が出ているので、まだ完成ではありません。
袖を前身頃に乗せて、裾をスキマに入れれば完成です。

ボードを使って折ろう

ワイシャツは、Tシャツに比べて工程が多いです。
ですから何度練習しても、うまくたためない人がいるでしょう。
どうしてもできなかったら、ワイシャツを簡単にたためるボードを利用してください。
ボードにワイシャツを乗せて、順番通りに折ります。
するとシワがなく、綺麗にたためるという非常に便利な道具です。

わざわざボードに乗せなければいけないという面は面倒ですが、確実に綺麗にたためる方法になります。
できない人はそのような道具も使って、洗濯物を片づけてください。
何とか自分で折ったとしても、完成してシワだらけになったら意味がありません。
ボードがあると便利なので、慣れるまではそれを使ってワイシャツをたたむと良いですね。


この記事をシェアする