複数の方法を勉強しよう

ストレートタイプのズボン

ボタンやチャックがついているズボンの場合は、全て閉じてからたたみます。
表にして、お尻側が表になるよう中央から半分に折ります。
お尻の部分は少し出ていると思いますが、そこを内側に折ってください。
そして裾を持ち上げて、ウエストに向けて2つに折ります。
お尻の出ている部分を抑えたまま、ズボンの下半分をウエストに向かって折りましょう。
さらにもう1回追って、完成です。

最初の段階で、お尻の部分を折ることでスッキリとたためます。
この部分が引っかかって、綺麗に折れないことが多いです。
忘れずに、お尻の出ている部分を折りましょう。
お店で売っている状態のようになるので、見栄えが非常に良いです。
手順が簡単なので、すぐに慣れます。

裾が広がっているズボン

最初にボタンやチャックを閉めて、お尻側が表になるよう半分に折ることがストレートタイプのズボンと同じです。
ワイドタイプのズボンは、ここで中央に向かってさらに半分に折ります。
お尻の出ている部分を抑えながら、ウエスト側を裾に向かって折ってください。
さらに2つに折って、完成です。
薄手のズボンは、ふんわりとたたむことでシワの予防になります。

このように同じズボンでも、タイプが異なるとたたみ方も異なります
自分が持っているズボンが、どちらかのタイプに含まれるのか調べておくと良いですね。
自分が持っていないズボンのたたみ方も、覚えていて損はないと思います。
いつズボンをたたむ機会が訪れるかわからないので、練習しておきましょう。


この記事をシェアする